Derailleur Brew Works

online shop

BEER

メインビジュアル

ANONYMOUS BREWHOLIC FOUNDATION

DBW的"日本酒を広めたい"ビールを醸造しました。
麦芽に加え、米を贅沢に使い黄麴と共に麦汁を糖化させ、酵母は清酒酵母を使用しました。
トップノートはフランス産ホップ「エリクサー」のクリーンなフラワー香と清酒酵母のライチを思わせるフルーツ香が複雑に、
しかし心地よく香ります。味わいは日本酒を感じさせるコクとビールらしいキレが混在する摩訶不思議テイスト。
温度変化も楽しんで欲しい一段仕込みSAKEIPAです。

Sake IPA
原材料:麦芽、米、黄麹、ホップ
ABV:6.5 IBU:54 SRM:3

※要冷蔵の商品です。冷蔵庫での保管をお願いいたします。

¥5,040

数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

「俺には、夢がある。」


酸性雨(アシッド・レイン)の発生頻度は年間37.8%。「T-800」の反乱が終結、役割から開放された有象無象は、焦燥の地表に取り残された。
栄光は、シン・世界に屹立する2-10郭の先端に、果てはU宙の闇の先にある。結局は、どこにも無かった、それだけだ。
政府は、『Anonymous Brewholic Foundation』を無差別醸造行為禁止法の適用団体として、指定宗教法人から解除。忽布宣教師カール・レーフラーは、天然忽布醸造を続け、武力抵抗運動(レジスタンス)の首謀者として排除対象とされる。
カール・レーフラーは杖代わりの沙司霰弹銃(ソースショットガン)を天に掲げ、言葉を紡ぐ、「匿名の箕王」(インコグニート)と呼ばれる、旧年式の稼働機と少年に、届けと言わんばかりの声で。
どこまでも遠く、どこまでも深く。彼の問いは、彼の言葉は、彼の叫びは、天を刺し、届けんとす。
絶望する時間は有限だ。無限の希望(HOPE)を、見失ってはいけない。
人造忽布(レプリカント・ホップ)を仕方ないと受け入れる者は、悪(ホフピンスキ)の一部となる。服従は安易な道ではあるが、道徳的な道ではない。それは臆病者の道なのだ。
俺には、夢がある。諦観と抑圧と擬物の炎にさらされているAREA2470(この街)でさえ、自由と正義の天然忽布(ノン・レプリカント・ホップ)の麦酒で溢れる日が来る夢が。
忽布(HOP)が希望(HOPE)へ、いつの日か変わる。
All'bout....Faith.. faith for te Beer,faith for the fears,faith for the tears..
信仰(Faith)、と彼は呟き、声を枯らす。
Envy、Education、Ethic。俺はお前たちに、そして弟(ホフピンスキ)に、足りない”E”を教えてやる。疑わずに、最初の1段を登れ。見えなくてもいい。暗闇から抜け出す希望(HOPE)の光は、きっと箕王(インコグニート)が。きっと。

■■■■■■■■■■■■

DBW的"日本酒を広めたい"ビールを醸造しました。
麦芽に加え、米を贅沢に使い黄麴と共に麦汁を糖化させ、酵母は清酒酵母を使用しました。
トップノートはフランス産ホップ「エリクサー」のクリーンなフラワー香と清酒酵母のライチを思わせるフルーツ香が複雑に、
しかし心地よく香ります。味わいは日本酒を感じさせるコクとビールらしいキレが混在する摩訶不思議テイスト。
温度変化も楽しんで欲しい一段仕込みSAKEIPAです。